上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

皆様いかがお過ごしですか。

 今年を振り返ってみて、漢字1字で表すと、個人的には『変』ですね。
変な人が米大統領になり、変な事ばかりして、北朝鮮でもこれまた変な人が暴走して、世界を不安定化させる。国内でもモリカケ問題、不倫報道、大相撲暴行事件、加えて三菱、日産といった大企業の法令違反と変な事件ばかりが続き、社会が潜在的に持っていた『穏やかな義』の力も薄らいで来たように感じます。
来年は、弱肉強食の世界が更に強く出てきそうで不安ですが、生きるもの全てが共生するんだという考えが強まることを願っています。

映画は良く観ているのですが、昔は平気だった長時間ものは分割して観るようになりました。最近感心したのは、アニメ『君の名は』の細密描写や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』のSFXの素晴らしさで技術の進歩には驚かされます。
私の今年観た映画のベスト3は、個人の人間ドラマを深く描いています。

一位 『ブルックリン』 ジョン・クローリー監督
ブルックリン

1950年代 貧しいアイルランドから新興の米国ニューヨーク ブルックリンへ移民した若き女性の物語。主人公エイリッシュ(シアーシャ・ローナン)はデパートの化粧品売り場で働き始めるが‥。淡い表情の主人公にアイルランドでは底意地の悪い食料品店主、ブルックリンでは寮母や同僚といった濃いキャラの人々を配しているせいか、観る方も主人公の心の動きに徐々に同調していくところが素敵でした。
ロマンスにハラハラさせられながら、故郷を思う切なさに共感し、主人公がいつまでも幸多かれと願わずにいられませんでした。

二位 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 ケネス・ロナーガン監督
マンチェスター

アパートの便利屋リー(ケイシー・アフレック)が、兄の遺児パトリックを引き取るはめになり、ぎこちない関係を続けていくお話。
途中まで主人公の背景とかの説明もなく、だるい作品かなと思っていたところ、アルビノーニの「弦楽とオルガンのためのアダージョ」が静かに流れ、主人公リーの後悔しきれない過去が突如明らかとなり、冒頭から人を拒絶する態度も彼の傷の深さから来ていると理解出来てハッと胸を打たれました。
元妻ミッシェル・ウィリアムズとふと再会するところも秀逸で、人は過去を許すことでしか前へ進むことが出来ないことが清冽に描かれていました。
アメリカの今の姿も垣間見えて感心した一作でした。

三位 『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』 ジェイ・ローチ監督 
トランボ

赤狩りでハリウッドを追放された名脚本家ダルトン・トランボを描いた作品である。『ジョニーは戦場に行った』を観て以来、この反骨の作家に関心があったが、このような映画が作られるとは思わなかった。
売れっ子脚本家だったが、赤狩りで友人を売ることを拒絶した結果、零落する。他人の名で『ローマの休日』、『黒い仔牛』の名作を残し、B級映画を書くことで食いつなぐ。17年の雌伏の後、カーク・ダグラスが業界を忖度せずプロデュースした『スパルタカス』で本名がクレジットされるようになる。映画はこういった経緯を、赤狩りに熱心なコラムニストのヘレン・ミレン、右翼のジョン・ウエイン(そっくりさん)、二人とも嫌な奴、の妨害を交えて淡々と描いていくが、苦節の後に認められても苦い味が残った。

 最近、カフカの『変身』を読んで思い当たることがあった。平凡なセールスマンのグレゴールが、ある朝目覚めると巨大な甲虫になっていたという小説である。中学生の頃は、粗筋からSFじゃないかと思っていたが、読んでみると今日的なテーマで驚いた。変身した虫の側からの観察談で、虫は周囲の人間とコミュニケーションを取ろうと努めるが、家族は彼を一室に閉じ込め、見ようともしない。認めたくないと思う。
 自分も、ある日、寝たきり老人や認知症や不具者に“変身”すると、身近な家族でさえ自分を“もの”としか看做さない疎外感を味わうことになるのだと知らされた。
『ジョニーは戦場に行った』は、単なる反戦映画と思っていたが、物体と化したと思われる人間が、外部と必死にコミュニケーションを取ろうとし、拒絶される物語であることが良く解った。
本作『トランボ』を観ると、ジョニーは社会から拒絶されたトランボ自身の姿であったんだなと思い到って、感銘が深かった。
 

皆様、一年間、訪問していただき有難うございます。
良い年をお迎え下さい。

スポンサーサイト
line
DSC_0016リサイズ



 この一週間でめっきり寒くなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は西日本に住んでおり、夏の日照が多かったせいか、秋の果物の実りが豊かなことを実感しています。大きな栗の実が豊作で、甘い栗ご飯を何度も楽しんだし、はじめて食した種なし柿は甘くて美味しいものでした。
 
 秋になりアスクレピアスの花が長く咲いている。濃い赤目の蕾からオレンジ色の小花を沢山つけているので、写真を載せてみた。
DSC_0015リサイズ

六月頃、近くの農協の店から苗を二株買って、八号と大きめの鉢に植えていたが、ひょろひょろと1.5m.位まで草丈が伸びて、10月になり可憐な花を咲かせ出した。開花期が1ヵ月以上と長いのにも驚かされたが、一番ビックリしたのは、6cm位の実が裂けて、1~2cmと長い絹上の毛を付けた種がフワフワと軽やかに飛び出したことです。
たんぽぽの種に似ているが、それより大きく、軽やかに宙に舞う姿を見たのは初めてでした。写真を載せておきます。

DSC_0023リサイズ

DSC_0020リサイズ

 調べてみると、南北アメリカ、アフリカ、アジアに広く分布して、日本でもトウワタ(唐綿)という名が付いているそうです。

 知らない草花とか果樹、野菜とか植物を育てるのも意外な発見があって楽しいですね。



line
アウトレイジ

役者の演技力に魅せられた


採点 ★★★★

 週刊文春の映画評が星4つ、5つと良かったので観に行った。バイアスが掛かっているなと感ずる評者もいるが、真っ当と思う森直人氏が高評価だったから。
映画は、途中だれを感じさせることも無く、予想以上に面白かった。

 北野武監督は「アウトレイジ」(2010)、「アウトレイジ ビヨンド」(2012)、本作と三部作を7年に亘り製作してきたが、本映画を見て、それぞれが連携して大きな流れを作っていることが良く解り、大きな構想力に感心した。
皆さんにもこれら三部作全てを観ることをお勧めしたい。
『仁義なき戦い』、『ゴッドファーザー』に通じるシリーズものを観る楽しみがあると思う。


 物語は、関東の山王会、関西の花菱会の抗争から7年経ち、山王会は壊滅され、花菱組の配下になっている。逃げのびた大友組組長大友(ビートたけし)は在日フィクサー張会長の庇護の下、韓国済州島で過ごしていたが、花菱会幹部の花田(ピエール瀧)が騒動を起こしたことより、ヤクザの抗争が動き出した。
 花菱会会長は前会長の娘婿 野村(大杉漣)に引き継がれており、金を稼ぐこと第一にハッパをかけ、筆頭幹部の西野(西田敏行)、若頭補佐の中田(塩見三省)は、これを苦々しく思っている。
 張グループとのトラブルを口実に、野村会長は中田に反撥する西野を消すよう命じて、花菱会、山王会、張グループ 三者の抗争が始まるが‥。

 映画は、色んな人物が浮かんで興盛を誇っては消えていき、無常という風が吹いているような儚さを感じた。

 それから、喜劇と悲劇 あるいは滑稽と悲惨が、表裏一体である様子も浮かび上がっている。タケシだからとお笑いを期待していたからかも知れないが、どす黒いユーモア感は それ以上だ。
 北杜夫が悲劇の裏に喜劇があることを次のように書いている。
「チャップリンは少年時代、家の近所にあった屠畜場に連れていかれる羊の群れから、一頭が逃げ出すのを見た。みんなが追い回し、ぶつかったり転んだりした。其れは正真正銘の喜劇であったが、羊の身にとっては、のっぴきならぬ悲劇である。チャップリン作品のおかしさ、もの悲しさはこうして生まれている。」

 描かれている人物像は本物のヤクザ以上に怖く、特に西田敏行、塩見三省の演技は二作目も相手を追い詰める所が凄かったが、本作では更に奥行きが出て素晴らしい。幹部の出所祝いパーティで殺されたと思われていた西田敏行が現れて挨拶する場面は、何を言うかなと見守っていたが紋切型にならず感心した。
塩見三省は今回は威勢のいいところは抑え、上司の理不尽さに耐える様子を、サングラスの奥で目じりがピクピクする演技をして中間管理職らしい苦渋を良く現わしている。

 ヤクザ映画には、役者の意気なカッコ良さを知らず知らず期待しているが、シリーズを通じて感心した俳優は、歯切れのよい椎名浩平、チャラチャラしているが突き抜けた様な経済ヤクザの加瀬亮、重厚さを増した三浦友和である。彼等は良い意味でこちらの想像を越えた演技を見せており、これを引き出した北野監督も凄いと思う。

 本作は、タランティーノ監督のように即物的にお手軽に殺戮を繰り返すところに物足りなさもあるが、俳優陣の演技を観る楽しみが、それを上回っている。
  


line
line

line
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
line
プロフィール
映画、クラシック音楽、料理、ゴルフが好きな中高年男です。 家猫1匹、外ネコ3匹に遊んでもらっています。

ボクダノビッチ

Author:ボクダノビッチ
FC2ブログへようこそ!

line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
最新記事
line
来訪者数
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
メールはこちらから
ご意見・ご感想をお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。