FC2ブログ
山本直純と小澤征爾



山本直純は才能を浪費させたのだろうか ?

 図書館より5冊借りた中の一冊。文章が巧みで良く調べてあるせいか面白く、数日で読んでしまった。

山本直純(1932-2002)と小澤征爾(1935-) 有名な音楽家二人の立身伝・友情物語である。
小澤氏の出世譚は色んな本で良く知っていたが、山本直純氏の方はTVで観た位で殆ど知らなかったので、そちらに関心が向いた。本作品では彼が主役として描いてある。

小澤征爾氏の個人的な思い出
① コンサート
昭和52年秋、防府市公会堂で指揮者小澤征爾の新日本フィル演奏会を聞いたことがある。曲目は武満徹『弦楽のためのレクイエム』、チャイコフスキー『ヴァイオリン協奏曲』(Vn 前橋汀子) 他であった。
舞台裾から走って飛び出して来て、指揮台にピョンと飛び乗ったのが小澤氏で、若さ溢れた、こんな登場は初めてなので、印象的であった。
武満徹の贅肉を排したような厳しい曲から始めて、彼は武満のエヴァンゲリストだなとの思いがした。加えて、アンコールにマスカーニの歌劇『カヴァレリア・ルスティカーニ』間奏曲を聞いて、抒情に優れた人だなとの思いを持った。

② NHK-FM放送
 昭和50年の正月だったか大学生の私は、小澤征爾氏と音楽評論家吉田秀和氏との新春対談の放送を聞いていた。吉田秀和氏は桐朋学園での恩師である。その中で吉田氏は小澤氏に「40歳になった時何を考えたか」と尋ねた。
小澤氏は「まだ勉強しなければならない事が多々ある云々」と答えたのに対して、吉田氏は「僕は残りの人生が、これまで程ないんだという事をつくづく感じた」と話していた。言外にこれからの人生、よく考えて進みなさいと伝えている様で強く印象に残っている。

さて新書の内容であるが、二人は小澤氏が中学三年生の時に出会っている。齋藤秀雄先生の指図で山本氏に指揮を教えてもらったことから交流が始まった。
小澤氏は、山本氏に一目置いており彼を天才だと語って、終生変わらぬ敬意と友情を持ち続けている。

 山本直純氏は東京藝術大学を卒業し、日本フィルの指揮、映画音楽の作曲、興隆期のTV業界の仕事に寝食を忘れて大活躍する。特にCMソングや童謡の作曲、『オーケストラがやって来た』の企画・司会ぶりは有名である。
 一方、小澤征爾氏は、桐朋学園短期大学在学中の1959年にヨーロッパへ音楽武者修行の旅へ出る。それからの超人的な出世物語はあまりにも有名である。
二人は、日本フィルの解散に伴う新日本フィルの立ち上げに協力して尽力した。

 山本氏は小澤氏の旅立ちにあたって「オレは底辺を広げる仕事をするから、お前はヨーロッパへ行って頂点を目指せ」と語ったとある。
これがこの本を貫く美しいテーマにもなっており、その後の二人の活動を反映している。

しかし本を読んだ私の感想は、山本直純氏の生き様は大量消費時代の消耗品のためにアクセクした生涯のようで、優れた才能を生かしきれてない残念な思いがした。
モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトらの例を見るまでもなく、人生における生活苦は、その作品に深い陰影を落として、美しい光と影を産み出していると思う。
 山本氏の場合は、節が無い竹のようであっけらかんとしている。

 優れた音楽才能に恵まれながら、アレンジ&プロデュース能力ばかり求められた生涯に、彼は満足していたのだろうか。
 作曲家として、もっと素晴らしい作品を残せたのではと感じたのは、私だけだろうか。


line
line

line
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
プロフィール
映画、クラシック音楽、料理、ゴルフが好きな中高年男です。 家猫1匹、外ネコ3匹に遊んでもらっています。

ボクダノビッチ

Author:ボクダノビッチ
FC2ブログへようこそ!

line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
最新記事
line
来訪者数
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
メールはこちらから
ご意見・ご感想をお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line