FC2ブログ

DSC_0021.jpg


DSC_0028.jpg

 最近、レコードでヴァイオリン曲を聴くことが多いのですが、長らく使っていたレコード・カートリッジDENON DL-103Rでは、ヴァイオリンの潤い、例えば高音部の甘い響き、が足りない気がして不満に思っていました。
使い始めた頃は、そこそこ満足していたのですが‥。
 そこで、以前当ブログでも紹介した手持ちのカートリッジGoldring 1012GXに変えてみたところ、高音部のつやは、狙い通り出てきたのですが、音が軽く低音部の響きが全く足りなくて、中々満足する音になりません。

 Joshin webさんの購入評を参考にして、カートリッジのヘッドシェルを交換してみることしました。これまで使っていたのは、Ortofon SH-4BK という廉価なものでした。シェル重量9.0g。
経験、知見は殆んどありませんでしたが、エイヤッと重量級のOrtofon LH9000を選んで、注文、組み立ててみました。シェル重量18.5gと重めです。
 付属の取付けネジは、短すぎて使えず手持ちのものを使いました。シェルリード線は高級品が附いてきたので、そのまま装着しました。
配線は、間違わないか、いつも気になるものですね。

アームのウエイトを別途購入の重いものに交換し、オーバーヘッド長を54 mm、針圧を適正の1.75gに調整しました。
アームに取り付けてみると、針がレコードに垂直に降りるところが、内側に少し傾いている。このヘッドシェルは、ネック部左側(正面から見て)が六角ボルトで固定してあるので、付属の端子用六角レンチで緩め回転させて、垂直に調整し直した。


 レコードで音出した結果は、やや硬めですが低音域まで広がるしっかりした音色に変わり満足しました。狙いが当たって嬉しい気持ちになりました。
Goldring 1012GXは、軽やかな高音から重低音まで予想以上に魅力ある音が出ることに感心しました。
 それからアジマス角の調整が出来たせいか音の雑味が取れ、レコードに没入出来るようになりました。これが良かった第二の点です。

レコードを聴き直してみて感心したのは、次の2枚です。

『ロドリーゴ アランフェス協奏曲、ある貴紳のための幻想曲』
カルロス・ボネル(G)、シャルル・デュトワ指揮モントリオール交響楽団

DSC_0002_2.jpg



スペイン風の哀愁を帯びた響きが大好きなのですが、ギターとオーケストラのバランスにいつも不満が残ります。オケにGが埋没したり、Gをもう少し鮮明に捉えて欲しいとかオーディオ的に工夫を望みたい曲です。本レコードでは両者が生き生きと捉えられて、オケの立ち上がりの拡がりなど美しく感心しました。1980年のデッカ録音。完成度の高い録音だと思います。

『ドヴォルザーク チェロ協奏曲』
ヨセフ・フッフロ(Vc)、ヴァーツラフ・ノイマン指揮チェコ・フィル管弦楽団


DSC_0003-2.jpg

 フッフロのチェロが、朴訥に進める中、ノイマンがチェコ・フィルを大きく歌わせチェロを包み込んで感動的です。特に管楽器の響きが美しく心に沁みるようでした。
1976年のスプラフォン録音。

 これらは、以前の再生では、あまり気付きませんでしたが、今回の交換で大きく印象が変わりました。
少しづつ工夫して、音が変わって行くのは楽しいものですね。



line
line

line
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
line
プロフィール
映画、クラシック音楽、料理、ゴルフが好きな中高年男です。 家猫1匹、外ネコ3匹に遊んでもらっています。

ボクダノビッチ

Author:ボクダノビッチ
FC2ブログへようこそ!

line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
最新記事
line
来訪者数
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
メールはこちらから
ご意見・ご感想をお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line