スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

映画「パッション」(2013)

パッション

現代的な快調なテンポの完全犯罪ミステリー

ブライアン・デ・パルマ監督の新作である。凝った映像作りで好きな監督の一人だが、近年は『スネーク・アイズ、』『ブラック・ダリア』等を観ても、低迷しているなとの印象が強かった。73歳の時に作った本作は、計画殺人スリラーをテンポ良く仕上げており、謎解きも面白く、とても嬉しくなった。

オープニングは、ラップ・トップ・パソコン(アップル)を見つめる若い二人の女性の顔、これを正面から捉えている。スマートフォンを水に落とし耐水性をPRしているCMを見て、「ダサい。スマホはノリノリで最もスマートでなければ♪♪」と言い放つ。
二人は広告会社Koch International Imageベルリン支社の役員クリスティーン(レイチェル・マクアダムス)と部下のマネージャーのイザベル(ノオミ・ラパス)で、新作スマホ“オムニフォン”の広告を手掛けることになっている。
優しく柔らかな上司と従順で仕事熱心な部下といったところ。

イザベルは夜中にアイデアを思いつき、忠実な部下のダニ(カロリーネ・ヘルフルト)を呼びつけ、プロモーション映像を作り上げる。スマホをジーンズのお尻のポケットに入れ、そのカメラで街行く人々の表情を写していく即興性にあふれた遊び心満載のもので、イザベルのロンドン出張での社内プレゼンは成功する。

クリスティーンは部下に財務報告を明日朝まで出せと無理難題を押付ける冷酷な女。
斬新なPRビデオは社長から称賛されるが、ビジネスだからとクリスティーンに手柄を横取りされる。イザベルは、クリスティーンの社内愛人ダーク(ポール・アンダーソン)と一夜の関係を持ち、クリスティーンからパーティ、靴のファッション・ショーと華やかだが虚栄の世界に引きずり込まれていく。

プロモビデオは作り直されようとするが、イザベルはユーチューブに投稿し、5時間で1千万人が観たという評判を得て、社内栄転を勝ち取る。
ダークは、経費の使込み判明でクリスティーンに脅迫され、イザベルとの関係を終わらせられる。二人の女の関係は変貌し、クリスティーンはイザベルを徹底的に貶めようとする。
イザベルは、精神不安定となり憎悪が高まって行く中で、クリスティーンが殺害される事件が起こる。
犯人は、ダーク、イザベル、ダニの誰なのか。後半は謎解きタップリで急展開していく。

映画は、キュートな顔ながら腹黒な小悪魔レイチェル・マクアダムスと化粧気もない真面目なノオミ・ラパスと、女性二人のキャラが引き立っていて好演である。
ただ二人の気持ちが、変貌して行く様をもっと深められたら良かったと思う。

白を基調とした室内で赤のクリスティーン、黒のイザベルと描かれていたのも鮮やかである。

カメラワークに拘る監督らしく、手持ちカメラのワクワク感、分割二画面での事件のリアルタイム進行、ヒッチコックを模した螺旋階段など見どころタップリでした。

映画を観て印象的だったのは、次の点である。

◆◇映像機器に取り囲まれ日常が写されている現代世界◇◆
Webカメラ、TV電話、ベッドシーンのスマホ隠し撮り、監視カメラが捕えた社内スキャンダル 映像を知り尽くしている監督が取り入れているだけに、どれも臨場感があって映像表現が活き活きしていた。
私達も、一歩間違えばこのような…、怖い世界にいるとの思いが強くしました。

ストーリーは、サスペンス映画の定番と言えなくもないが、最後まで緊迫感を盛り上げる仕方は、白いスカーフ、仮面、携帯電話、赤い花束、牧神の午後のバレエ場面等の小道具と相まって、素晴らしいと思いました。皆様にも是非お勧めです。

尚、音楽のピノ・ダッジオはヴェニスの生まれで、デ・パルマ監督と組んで『キャリー』(1976) 以降の作品を作曲している。弦楽器を主体としたリリカルな作風だが、スリラー映画の後半の盛り上げ方も巧みである。本作でもテンポ良い音楽が良いムードを醸し出していました。

line

comment

Secret

line
line

line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
プロフィール
映画、クラシック音楽、料理、ゴルフが好きな中高年男です。 家猫1匹、外ネコ3匹に遊んでもらっています。

ボクダノビッチ

Author:ボクダノビッチ
FC2ブログへようこそ!

line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
最新記事
line
来訪者数
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
メールはこちらから
ご意見・ご感想をお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。