FC2ブログ

映画「ファミリー・プロット」(1976)

ファミリープロット

ストーリーに工夫が凝らされたユーモア感溢れる作品


採点 ★★★☆☆☆

NHK BSを録画したものを鑑賞。ヒッチコック監督の最後の作品で封切りを映画館で観たことがある。当時はヒッチコック再評価の動きがあり、大いに期待して観たが、怖くなく肩透かしをくらった感じがした。
ストーリーが良く追えなかったこと、題名が??、主役二人が監督特有の美男美女でなかったこと、フンワカ・ムードで軽いタッチであったこと等による。
当時は『エクソシスト』(1974)、『オーメン』(1976)といった強烈なオカルト映画が人気を博していて、その様な作品を期待していたことも一因かも知れない。


今回観直して、物語が解ったせいかシナリオが良く練られていると感心し、ヒッチコック監督のユーモアも上々だとの感想に変わった。
ファミリー・プロットとは、セメタリーの中の家族の墓所の一区画のことで、映画で謎を解く鍵となっている。

ドタバタ風のインチキ霊媒師とタクシー運転手、クールな誘拐犯の宝石商と愛人 二組の物語が別々に始まり、交差し、糸がもつれるように一つの物語に収斂していく様子は監督の円熟味を感じて中々良かった。

サスペンス描写で感心したのは、次の二点である。
①ドタバタコンビが、犯人一味に車のブレーキを細工され、曲がりくねった坂道を猛スピードで下る場面、『断崖』のハラハラした一シーンを思い出させる中で、バーバラ・ハリスが上になり下になる組ずほつれつした演技で観客を笑わせるところ、
②二人は墓の死者の謎を探るため神父を訪ねるが、神父は教会で衆人環視の中、麻酔を打たれて誘拐される。このシーンはヒッチコック監督らしく鮮やかな描写であった。

盗んだ巨大なダイヤモンドを、チープなセロテープでシャンデリアに貼り付けて隠すところなどゆったりしたユーモア感に溢れている。 『フレンジー』に続く楽しい作風であった。
尚、冒頭 バーバラ・ハリスの霊媒師が対応している老婦人は、上品ですごく感じが良かった。調べてみるとキャスリーン・ネスビットという英国の中堅の役者さんであった。


line

comment

Secret

line
line

line
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
プロフィール
映画、クラシック音楽、料理、ゴルフが好きな中高年男です。 家猫1匹、外ネコ3匹に遊んでもらっています。

ボクダノビッチ

Author:ボクダノビッチ
FC2ブログへようこそ!

line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
最新記事
line
来訪者数
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
メールはこちらから
ご意見・ご感想をお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line