スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

映画「ダンディー少佐」(1965)

ダンディー少佐

戦闘シーンは迫力があるが、詰め込み過ぎのせいか重苦しい西部劇


採点 ★★★☆

 1960~70年代に凄まじい暴力描写で僕らを夢中にさせたサム・ぺキンパー監督の有名になる少し前の作品である。
ダンディー少佐は伊達男少佐(Dandy )と長らく思い込んでいたところ、原題は、”Major Dundee”だったので、人名と解りました。アメリカ人には知らない名前が多いですね。
 本作は、1965年のゴールデンウィークに家族と封切館で観たのですが、ストーリーが入り組んで解り辛く、暗いトーンで西部劇らしくなく、良い印象はありませんでした。
2000年頃だったかな、作家村上春樹がHPの読者とのQ&Aで本作を評価していたので、確かめてみたいと思っており、今回NHK BSで放送があったので再見しました。

 南北戦争中の1864年、酋長チャリバが率いるアパッチ族は、中隊や村々を襲撃し、壊滅させていた。テキサスの北軍ベンリン砦に赴任したばかりのダンディー少佐(チャールトン・ヘストン)は、階級上昇の野心もあり、南軍捕虜からの志願兵20名を加えた討伐隊(騎兵隊)総員46名を編成し、アパッチを追う。
 狡猾なインディアンの待ち伏せで兵力の1/3を失うが、チャリバが逃げ込んだメキシコ領に進軍し追い詰める。当時、メキシコには、フランス軍が駐留していたが、急襲しその食料、軍馬を奪ったことより、フランス軍の追撃を受ける。
 北軍、南軍、アパッチ、フランス軍が入り乱れる 三つどもえ、いや四つどもえの戦いを描く重厚な西部劇である。

◆◆良かった点◆◆
 今観ても戦闘のリアルさは健在で、ラストのリオ・グランデ河でのフランス軍とのサーベルを抜いての激闘は、動きにくい水中にもかかわらず迫力があり、ストップモーションは無いものの後日のぺキンパー・タッチを彷彿させる。
当時、西部劇に正規フランス軍が登場するものは珍しく、隊列を組んでいる中に、砲弾を撃ち込まれても再度隊列を組み直すシーンなどナポレオン時代の仏軍の戦い方は変わっているなと当時感心したことを思い出した。

◆◆残念だった点◆◆
 副官に南軍リーダーのタイリーン大尉(リチャード・ハリス)を配して、チャールトン・ヘストンと対決させるのだが、この愛憎劇はやや空回りである。
リチャード・ハリスも貴公子然として、髭もじゃの薄汚い男たちの中で浮いている感じがした。
ジェームス・コバーン、ウォーレン・オーツ、ベン・ジョンソンとぺキンパー組のアクの強い名優達が出ているが、彼らも精彩を欠けていた。

 一番の欠点は、ストーリーにあり、①騎兵隊が兵站を考えておらず、食料・兵器・馬を失って、近くの村の仏軍を襲ったり、②毅然としていた主人公のチャールトン・ヘストンが村娘と恋仲になって大けがを負い、酒浸りに堕ちるが、味方の助けで抜け出し再び戦闘の指揮を執る点などご都合主義で共感できずスッキリしなかった。

 やはりスカッとした痛快西部劇ではなかった。
予算、スケジュールを優先する製作者と完璧な撮影にこだわる監督とのトラブルで監督解任直前まで行ったそうだが、男気を出したヘストンの助けで撮影を続けたとの事である。しかし、フィルムの編集権を奪われ、ペキンパー監督にとっては不本意ない作品になったようだ。今回観たのは、2005年拡大版で物語は良く追えるようになっていた。
 その後、サム・ぺキンパー監督は4年間干され、1969年の大傑作『ワイルドバンチ』で復活を遂げる。




line

comment

Secret

line
line

line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
プロフィール
映画、クラシック音楽、料理、ゴルフが好きな中高年男です。 家猫1匹、外ネコ3匹に遊んでもらっています。

ボクダノビッチ

Author:ボクダノビッチ
FC2ブログへようこそ!

line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
最新記事
line
来訪者数
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
メールはこちらから
ご意見・ご感想をお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。