FC2ブログ

「スターリングラード大進撃 ヒットラーの蒼き野望」(2015)

スターリングラード大進撃

“塞翁が馬”の展開で心に残るヒューマンドラマ


採点 ★★★★

 第二次世界大戦のスターリングラード市街戦を描いた映画は、ジュード・ロウが出た『スターリングラード』(2001)やロシア制作の『スターリングラード史上最大の市街戦』(2015)を観ています。何れも壮絶な市街戦での個人の奮闘を描いており、一種の英雄譚でした。
 最近、『戦略の本質』(日本経済新聞社)という本を読んでいて、スターリングラードで優位だった独軍がソ連軍に敗れた理由を解析していました。
その理由というのは、
①ヒットラーがカフカス油田地帯とスターリングラードの二正面作戦をとった戦略の誤り ②ソ連側がスターリン、ジューコフ、参謀長ワシレフスキー三者のみの極秘作戦の下、戦略的持久戦で持ちこたえた後、逆包囲網を取った事が挙げられていました。
特に独軍の得意とする空軍と機甲師団が連携した電撃戦を、ソ連軍が大瓦礫の市街を利用して食い止め、接近戦で膠着状態に持って行った事が大きかったと有り、認識を新たにしました。


そういう訳で最近スターリングラード作戦に関心が高かったので、本作品を観てみました。最近のロシア映画です。
しかし、ここで描かれていたのは、南部方面に進行する独軍と防衛するソ連軍の戦い いわゆる「独軍のブラウ(青)作戦」で、スターリングラードそのものや激烈な戦闘場面は出てきません。日本語題名の看板に偽りありの作品でした。

 しかし、丁寧に作られたヒューマンドラマであったため、途中から熱心に観て面白くもありました。


 物語は、1942年夏のソ連南部。大平原を白馬に乗った若き通信連絡中尉オルガコフ(ユーリー・ボリソフ)は二名と別れて参謀本部への伝令の途に就く。途中、前線でドイツ軍の猛攻に巻き込まれ、任務を遂行できなかった事を理由に軍法会議にかけられ、理不尽にも死刑宣告を受け監禁される。しかし司令本部の承認が無いと死刑執行は出来ない規則になっていた。
兵卒ズラバエブ(アミール・アブディカロフ)が監視の任務にあたるが、独軍の攻撃でソ連軍の前線は崩壊し、混乱の中、ズラバエブがオガルコフを引きずり出して、司令部へ歩いて護送していくこととした。
オルガコフはインテリで22歳、20歳のモンゴル系の顔立ちのズラバエブは字も書けないが愚直に軍務を遂行しようとする。
この若者二人の苦難に満ちた旅を通じて、心の交流、無言の友情が生まれてくる物語です。

 映画を通じて感じさせられたのは、次の点です。
オガルコフは逃げようとすれば可能なのに粛々と護送に従い、銃殺寸前まで行ってしまう戦争の怖さや不条理さ、および兵士は旧式の武器や破れた靴に象徴される兵装で戦わされる戦争の不合理さです。
しかし、映画には“塞翁が馬”のような展開が用意してあり、主人公の運命が二転三転する意外さで救われる気にもなりました。

 広大なロシアの平原が感じられ、戦争の中の人間が良く描かれている佳作だと思いました。



line

comment

Secret

line
line

line
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
line
プロフィール
映画、クラシック音楽、料理、ゴルフが好きな中高年男です。 家猫1匹、外ネコ3匹に遊んでもらっています。

ボクダノビッチ

Author:ボクダノビッチ
FC2ブログへようこそ!

line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
最新記事
line
来訪者数
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
メールはこちらから
ご意見・ご感想をお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line