スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

映画「攻撃」(1956年)

攻撃


原題は ' Attack ! ’ ロバート・アルドリッチ監督による強烈な反骨の反戦映画である。
キューブリック監督にも「突撃」という名の第一次大戦の映画が有って紛らわしい。

私は、高校二年の夏 三番館ともいえる福岡市西新の映画館で三本立ての映画の一本として、「単なる好戦的な戦争映画だろう」と予備知識も無く観たところ、驚いて画面に釘付けになってしまった。
市街戦で広い画面に大きな戦車がゆったり迫って来て、主人公の腕を押し潰す凄惨なシーンなど迫力があって、今でもアリアリと覚えている。この迫力は、大きなスクリーンでないと判らないだろうナァ。

また上官と部下の戦闘指示のやりとりで、部下のジャック・パランスが”You have my word.” (私が言ったのを了解したじゃないか)と上官に食ってかかる場面など、欧米社会での wordという言葉の重み、契約の概念を含んだ言葉の重さを強く感じさせられた。
日本社会での言った言わないとの、言葉が曖昧な軽い世界と大変違っている。

第二次世界大戦末期冬のヨーロッパ戦線。ベルギーらしい。
米軍のコスタ中尉(ジャック・パランス)は勇敢で責任感が強くフォックス隊小隊長。上官のクーニイ大尉(エディ・アルバート)に前線要衝の一軒家を確保するよう命ぜられ、戦闘の末、5人の部下と占拠に成功する。コスタ中尉は、上院議員の父親のコネで昇進したクーニイ大尉の臆病さを懸念して、出発前に彼に援軍の確約を取っていた。
独軍の攻撃が激しくなり、コスタ中尉は援軍を求めるが、臆病風に吹かれたクーニイ大尉は要請を無視し、酒浸りになる。コスタ中尉は部下を失い撤退を余儀なくされ、部下を救おうと勇猛果敢にバズーカ砲で独戦車に単身立ち向かい負傷する。
コスタ中尉は瀕死の姿でクーニイ大尉の居る地下室へ戻り、彼の卑劣さを糾弾しようとするが‥。
ジャック・パランスの執念のこもった熱演が、緊迫感を高め、死してなお復讐を遂げようとする思いが伝わってくる。
卑劣なクーニイ大尉は部下に銃を向け、副官ウードラフ中尉に射殺される。政治的野心のあるバートレット中佐(リー・マービン)は、クーニイの死は名誉ある戦死だと取り繕おうとするが、ウードラフ中尉は正直に本部へ報告した。

苛烈な戦火の下に激しい憎悪と心理的緊張が渦巻く力強いドラマを作っている。
奇麗事ではない軍隊の内部を、これほどあからさまに描いた映画も少ないと思う。

尚、良く知らなかった軍隊の階級序列を調べたので書いておく。階級の上から順に次の通りである。佐というのは、将をたすける、補佐する意味である。

元帥
将官 :大将・中将・少将・准将
佐官 :大佐・中佐・少佐
尉官 :大尉・中尉・少尉
下士官:曹長・軍曹・伍長
兵  :兵長・上等兵・一等兵・二等兵

原作は、ノーマン・ブルックスの舞台劇 ‘Fragile Fox’ (デリケートな狐 小隊の名前)。
戦後10年位の戦意高揚止まぬ時期に、腐敗した不正義のアメリカ軍隊の姿を正面きって描こうとしたアルドリッチ監督の気骨の太さに驚嘆する。当然、軍部からは撮影協力拒否で兵器の調達とか苦労したと思われる。映画の完成後、アルドリッチ監督は数年間イタリアに渡って仕事をせざるを得なくなった。

彼の作品は「傷だらけの挽歌」、「北国の帝王」、「ロンゲストヤード」など娯楽作品でありながら、権力に楯突く、反骨精神に溢れた人間を描いて強い芯が通っており、好きな監督の一人である。

theme : 映画感想
genre : 映画

line

comment

Secret

line
line

line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
プロフィール
映画、クラシック音楽、料理、ゴルフが好きな中高年男です。 家猫1匹、外ネコ3匹に遊んでもらっています。

ボクダノビッチ

Author:ボクダノビッチ
FC2ブログへようこそ!

line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
最新記事
line
来訪者数
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
メールはこちらから
ご意見・ご感想をお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。