スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

感謝! 訪問者が1000人突破

トントン



映画のブログを今年5月1日に始めて、本日9月10日で総来訪者が1,000人を超えた。訪問して下さった皆さん、本当に有難うございます。誠に嬉しいと思うと共にそれだけ大勢に人に見られている事に、身の引き締まる思いがします。

音楽学者アルフレート・アインシュタインは、芸術作品の評論について、「作品の分析というものは、分析された作品を知らない人にとっては何の役にも立たないし、知っている人にとっては、要らないというところにその本性がある」と述べている。

映画のブログを書いている身にとっては、本質的で厳しい言葉であるが、何故書いているのかという事をもう一度考えてみた。

正直に言うと、作品を知らない人には、少しでも関心を持ってもらいたいし、既に観た事がある人には、追体験をしてもらい、共感や反論を抱いて欲しいと願っているからだと思う。

若い頃 昭和30~40年代は、ビデオ、DVDも無くTV放送も限られていたため、映画は映画館で観るしかなく、封切りで見逃すと二番館、三番館への追っかけをしたものである。
特に評判を得た作品を見逃した時は、再上映も無く、寂しい思いをし、憧れを抱いて何時かは観たいと願っていた。

当時、双葉十三郎、荻昌弘、和田誠、淀川長治、佐藤忠男といった評論家の人々が、作品の楽しさ、優れた点などを熱心に紹介して、啓蒙していたと思う。彼らの優れた記事に鼓舞されて、私のような人間も映画好きに育って行ったと感謝している。
昔の映画でDVDやビデオに出ていない作品も有るので、私も観念的な見方では無く、作品のディーテイルに拘り、表現力を高めて、映画の良さを少しずつ紹介して行きたいと思う。

写真は、満一歳の外猫トントンちゃん。体重が5kgと重く、オットリした性格で食べることが大好きな猫です。山から下りてきて、家にたむろして帰る毎日です。
三毛猫ですが、三色揃ったオスは大変珍しいと聞きますので、尻尾付け根のところに少し現れて来た三色目の茶色が、大きくなる事を密かに期待しております。
line

comment

Secret

line
line

line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
プロフィール
映画、クラシック音楽、料理、ゴルフが好きな中高年男です。 家猫1匹、外ネコ3匹に遊んでもらっています。

ボクダノビッチ

Author:ボクダノビッチ
FC2ブログへようこそ!

line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
最新記事
line
来訪者数
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
メールはこちらから
ご意見・ご感想をお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。