FC2ブログ

映画「ブラックスワン」(2010年)

ブラックスワン


若手のバレリーナが華麗なバレエ「白鳥の湖」で主役に選ばれ、舞台公演へ向け猛リハーサルをし、舞台初日にクライマックスを迎える様子が舞台裏から克明に描かれる。舞台の華やかさと熱狂の影で、主人公は脅迫神経症とも言える心の葛藤が昂じ妄想が膨らんで行く。初演は果たして成功するのかサスペンス風で目が離せない位、緊迫した映画であった。

ニューヨーク・シティ・バレエ団のニナ(ナタリー・ポートマン)がオーディションで新シーズンの「白鳥の湖」のプリマに抜擢される。一人でオデット(白鳥)とオディール(黒鳥)の二役を踊る大役である。長年願っていた主役の座を手に入れ、喜びで舞い上がるニナ。
演出家ルロイ(ヴァンサン・カッセル)は、ニナに「純真な白鳥役では理想的だが、邪悪の心をもった黒鳥(ブラックスワン)が奔放に王子を誘惑する表現ができない」と厳しく宿題を与える事から、ニナの過酷な猛練習が始まる。
ヴァンサン・カッセルという人は良く知らないが、ギョロ眼でやり手の野心家を上手に演じている。

ニナは、繊細で言いたい事も言えない控え目な女性、まさに静かな優等生タイプ。母親エリカ(バーバラ・ハーシー)と二人暮しで、母親は過剰なまでの愛で何でもコントロールしょうとし、ニナは、それに反発出来ない娘として描かれる。

競争相手として、奔放なリリー(ミラ・クニス)が登場してくる。卓越したダンスで黒鳥役が似合い、ニナは交際するが、主役を取られるのではないかと精神的に追いつめてられていく。

役を巡る争いで過酷な場面がいろいろ描かれる。長らくプリマの座にいたベス(ウィノナ・ライダー)は、ニナの憧れだったが、主役の座を追われ、精神が崩壊し交通事故で再起不能に落ちてゆく。またニナも同僚のやっかみも受け、疑心暗鬼に陥っていく。

ニナは何が何でも完璧な踊りを目指すにつれ、現実と幻想の区別が付かないようになり、背中の傷や主役を奪われると言った幻覚や暗い妄想が度々現れ、混乱していく。
ナタリー・ポートマンが自らバレエも踊る渾身の演技で、徐々に繊細な神経を病み、ドロドロとした暗い狂気に引きずられる姿を見事に演じている。
アカデミー主演女優賞受賞は当然と思う。

「白鳥の湖」については、バレエ作品の中でも最高作品と称せられるが、正直こんなにドラマチックで音楽と踊りが渾然一体となった迫力のあるものとは良く知らなかった。見直してしまった。
白鳥は清らかなものの象徴だが、対比するように悪魔と黒鳥が大きなアクセントになっており、ドラマに深みを引き出しているのが大きいと思う。

映像は、表現主義的で登場人物の輪郭を強調したり、強烈な色彩を放っており、観る者の心を捉えていく。流れるように写していくカメラワークも優れており、全身を映すのではなく、上半身だけ、下半身だけと、アップで捉えて、緊張感を高めている。

本バレエの終幕は、ハッピーエンド版もあるとのことであるが、映画は王子と白鳥が身を投げて死ぬ悲劇版の方である。意外な結末が待っており、我々観客は現実と幻想との判別がつかぬこともあり、見終わった後もスッキリと晴れやかな気分にはなれない。むしろ、暗い感情が尾を引いて嫌な気分が残る。ここは、良い作品だけにとても残念だ。

一人二役を演ずるというのは、コインの表と裏の関係のように、一人の人間の中の相反する二面性を上手に出してこないと難しいと思う。
片面しか自覚していない主人公に周りがプレッシャーを掛け続けて、破綻していくのは、予測された結末とはいえ痛ましい。携帯電話で追いかける母親、親離れ子離れ出来ない、いびつな親子関係も悪い方へ流れを加速している。
ニナのことをfragileだ(壊れやすい、脆い)と見抜いた人達も、手を差し伸べる事無く、ビジネスライクに接し、ニナを救えない。

朝食のシーンがチラッと出てくる。グレープフルーツ半個とポーチドエッグ1つ。バレリーナの過酷な食事制限にビックリする。

私は、チャイコフスキーの雄大かつ流麗な音楽が大好きなので、本作品も愉しんで観た。
映画「ブラックスワン」は、名曲と華やかな舞台をバックに、暗くて恐ろしい人間ドラマを掘り下げてあるので、感心してしまった。何度も見ようとは思わないが、忘れ難い作品となっている。

尚、バレエにも関心が高まったので、ディアゴステーニのバレエDVDコレクション「白鳥の湖」を早速買って、観てみた。こちらは静かな美しさに満ちて、映画とは違う趣である。
line

comment

Secret

line
line

line
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
line
プロフィール
映画、クラシック音楽、料理、ゴルフが好きな中高年男です。 家猫1匹、外ネコ3匹に遊んでもらっています。

ボクダノビッチ

Author:ボクダノビッチ
FC2ブログへようこそ!

line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
最新記事
line
来訪者数
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
メールはこちらから
ご意見・ご感想をお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line