FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

映画「三人の妻への手紙」(1949年)

三人の妻への手紙

回想シーンが鮮やかな洗練されたミステリー


子供達が遊覧ボートに乗ってピクニックへ行こうとしている。世話役として、若き三人の妻たちが乗船しようとする時、親友の女性アディから「彼らの夫の1人と町を去る」と手紙を受け取る。 
船は出発し、夕方までは戻れない。彼女らは不安に駆られ、連絡の取れないまま夫婦生活を回顧する。彼女らの心の揺れと三組の夫婦のあり様がフラッシュバックで巧に描かれ、駆け落ちするのは誰の夫かと考えさせる上質のミステリー仕立てになっている。

古い映画であるが、ラブロマンスの甘き香り、コメディ、サスペンスが詰まっており、見直す度に話の展開と語り口が大変優れていると感心させられる。
ジョン・クレンプナーの通俗小説をジョゼフ・L・マンキウィッツが脚本を書き、監督も行った。アカデミー監督賞、脚本賞を受賞している。

デボラ(ジーン・クレイン)は、町で二番目の資産家子息で会社員のブラッド(ジェフリー・リン)と結婚している。彼女は、ケンタッキーの農家で生まれ育ち、海軍婦人予備部隊の時に夫と知り合った。ブラッドの属する上流社会に馴染めず、パーティ・ドレスなどで気後れしている。アディは夫達から女神と称えられ、皆がブラッドはアディと結婚すると思ってたと話すのをパーティで耳にする。

デボラはブラッドの女友達リタ(アン・サザーン)に慰められる。リタは、双子の母親で昼メロのラジオドラマを書くキャリア・ウーマンである。薄給の高校教師のジョージ(カーク・ダグラス)と結婚している。リタが高収入で家計を支えているが、彼はリタがラジオ局ボスの言いなりになっているのが気に入らない。
リタが、ディナー・パーティにボス夫妻を招待し歓待しようとするが、ジョージは最後に癇癪を爆発させる。
リタの回想シーンに流れてくるのが、ブラームスのピアノ協奏曲第二番第一楽章の冒頭部、ホルンが伸びやかに鳴る所である。実は、この日、ジョージの誕生日である事を忘れていたが、アディがこのレコードを誕生プレゼントとして送って来たのだった。

三人目は、ローラ・メイ(リンダ・ダーネル)でデパート・チェーンのオーナー ポーター・ホリングスウェイ(ポール・ダグラス)の後妻である。彼女のエピソードが、かなりの部分を占める。勝気で上昇志向の強い貧しい家の出身のローラが、玉の輿に乗るまでの駆け引きを面白くみせる。
ローラは、自信家でアディの影は初め無い様に描かれ、かなり後になるまで出て来ない。
後妻というのがミソ。ここの構成は優れている。

三組の夫婦は、夫々身分が違う組み合わせで、夫婦仲がギクシャクする原因にもなっている。またこの6人は、何でも話をする仲の良い友達でもある。
誰の夫がアディの相手かは、最後に判るので、映画を観て確認して欲しい。

妻たちが不安を掻き立てられる描写が、伏線として挿入され鮮やかである。
アディの手紙を見たとき、三人とも真っ先に公衆電話ボックスを見つめるが、お互いの見得から平静を装い駆け寄ろうとしない。
また当日の夫達の様子、ブラッドは今夜、友人宅に泊まるかもしれないと言った事、ジョージは釣りに行くにもかかわらずスーツを着ていた事も、もしかと思わせた。

バツイチのデパート王を演ずるポール・ダグラスは、大変存在感があり話振りも巧である。
列車が通る度にガタガタ揺れる家でローラの母親と友達のセルマ・リッター(リタの家での家政婦)が交わす会話は、愛嬌があり大変コミカルである。

この映画は、それぞれの妻の視点でアディの事が語られ、妻の疑念が高まるにつれ、観客の想像も膨らませていく所が優れているし、アディは声だけ、影だけしか登場しない描き方も洒落ている。
ヒッチコックの「レベッカ」や「サイコ」もそういう描き方であったと思い出した。
やはり、姿をみせない者に対して観客の想像が広がる事を上手に生かしていると思う。

また夫婦の愛情は、絶えずケアしていないと霧散してしまうと、愛情の脆さをシニカルに描いている。
しかし、幕切れは、三人の妻たちが、夫への愛情を再確認し、夫婦生活を見直して、再出発することとなり、大変爽やかな後味となった。
ストーリーは入り込んでいるので、観て楽しまれる事をお勧めしたい。

ジョゼフ・L・マンキウィッツは好きな監督の1人で、才気豊かな知的な監督との印象がある。「イブの総て」(1950)も成り上がる女の狡さを見せてハッとさせられたが、最後に監督した「探偵スルース」(1972)は、A・シェーファー脚本で、登場人物2人が意表を衝いたどんでん返しを繰り返すミステリーで素晴らしかった。DVD発売を望みたい。

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【映画「三人の妻への手紙」(1949年)】

幸せに見える家庭もいろいろ問題がありますね子供達が遊覧ボートに乗ってピクニックへ行こうとしている。世話役として、若き三人の妻たちが乗船しようとする時、親友の女性アディか...
line

comment

Secret

No title

こんにちは☆

いつも拝読だけで失礼しております。

この作品は知りませんでした(>_<)

「イヴの総て」も、含みある作品でしたが面白そうですね。

記事ありがとうございます。



No title

Youtake ☆イブ 様

いつも訪問有難うございます。コメントを戴くと、拙ブログがどのように読まれているのか垣間見え、正直嬉しく思います。

この映画は、夫婦の意識の微妙なズレを上手に描いており、今観ても面白いと思います。
若き日のカーク・ダグラスが早口の喋りでフレッシュな演技を見せているのも楽しめます。
DVDの廉価版になっていますので観てみて下さい。
これからもよろしく御願いします。
line
line

line
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
プロフィール
映画、クラシック音楽、料理、ゴルフが好きな中高年男です。 家猫1匹、外ネコ3匹に遊んでもらっています。

ボクダノビッチ

Author:ボクダノビッチ
FC2ブログへようこそ!

line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
最新記事
line
来訪者数
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
メールはこちらから
ご意見・ご感想をお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。