スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

映画 「ジェイン・オースティンの読書会」 (2007年) 

ジェイン・オースティン

オースティンの世界が生きている明るいラブ・コメディ


最近のアメリカ映画は、幼児性、単純性が強いものが多く、見終わってバカバカしく感じる事が増えた。エンターテイメントだから仕方ないが、観客の程度を見下しているようにも思え、時には捻った知的な内容も欲しいなと思う。

「ジェイン・オースティンの読書会」は、知的な刺激に富んだラブ・コメでなかなか面白かった。

アメリカ カリフォルニア州サクラメント、現代中流の人々の群像劇である。
ジェイン・オースティンを愛好している人々が、彼女の全6作品を取上げて、毎月1冊ずつデスカッションしていく。メンバーは、男1人、女5人の計6人で、一冊/1人のリーダーとなり、その人の家に集まり、コーヒーとケーキ、時には軽食とワインを楽しみながら議論を深めていく。
「私たちはそれぞれ、自分だけのオースティンを持っている」と原作者ファウラーは述べているが、各人のジェイン・オースティンへのこだわりが随所に出て面白かった。

2月から7月にかけて、読書会が開かれ、明るい色調で6人夫々の愛情物語が繰り広げられる。各人の悩みや願望がオースティンの物語、登場人物にシンクロしていくところは、洒落ていると思った。
会話にオースティンの登場人物だったらこう思う、こう行動するとか盛んに出てくるので、小説を読み込んでいると面白味が増すであろう。また各人の行動も小説の人物に擬せられてるようだ。
但し、自分の行動の正当化の反映なので、さらりと流しても楽しめると思う。

尚、取り上げられる作品は、2月「エマ」、3月「マンスフィールド・パーク」、4月「ノーサンガー僧院」、5月「高慢と偏見」、6月「分別と多感」、7月「説得」である。

6人の登場人物は、以下の通りである。
①バーナデット(キャシー・ベイカー):6度の離婚歴のある温厚で上品な高齢女性。読書会の纏め役でジョスリンと語らってシルヴィアを元気づけるために企画した。
②ジョスリン(マリア・ベロ):独身の大型犬のブリーダーで愛犬の葬式を行うところから映画は始まる。友人の縁結びに熱心でシルヴィアとグレッグを付き合わせようとする。
③シルヴィア(エイミー・ブレネマン):3人の母親で図書館の司書。尽した夫から若い愛人が出来たと別居を言われ落込む。
④アレグラ(マギー・グレイス) :シルヴィアの娘。スカイダイビングやロッククライミング等のアウトドア・スポーツの愛好家で同性愛者。手作りアクセサリーを販売している。
⑤ブルーディ(エミリー・ブラント):内向的な美人。フランス語高校教師で夫との二人暮らし。パリ旅行を楽しみにしていたが、夫の都合で急遽キャンセル。何かと夫と趣味が合わない中、教え子に妄想を抱く。
マリファナ常習のヒッピーの母親が出てくるが、二人の差異が大きく吃驚する。
⑥グレッグ(ヒュー・ダンシー):ジョスリンに惹かれて読書会に参加した唯一の男性。オースティンも初めてで、女性陣は何処までもつか冷ややかに見ている。熱狂的なSFオタクで大学のITサポートをしている。

物語は、カップルが元の鞘に収まったり、ジョスリンが自分の気持ちに気付き、望ましい結びつきに至ったりと穏やかに推移して、こちらが予想したハッピーエンドに収斂して行くが、最後にサプライズが用意されている。
これまで脇役だったバーナデットが、新しい恋人を連れ、別人の女王様のように降臨する様には、皆幸せを感じて喝采を送る。暖かな終幕である。

女性陣は、活き活きして表情が豊かである。特にジョスリン、バーナデット役の人は魅力に富んでいる。またブルーディを演じるエミリー・ブラントも、静かな役だが、忘れ難い印象を残す。

アメリカでは読書会が盛んに開かれているという。読書会はBook Clubと呼び、メンバーを募り毎回リーダーを決めて、一回に一冊の本を取上げて議論する。日本の勉強会のイメージではなく、もっと自由闊達な意見交換の場であるようだ。
意見が対立した時、バーナデットが演じていた様に、リーダーがさりげなく他の地点に誘導する役割も会の運営で重要だなと感じた次第である。

「周囲への気遣いを忘れる‥それこそ恋の真髄では?」とあった様に、本作品は、何気ない日常の中から真実を描きだしたオースティンの世界のように、読書会を通じて6人の愛情の機微がさらりと描かれた佳作である。
line

comment

Secret

line
line

line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
プロフィール
映画、クラシック音楽、料理、ゴルフが好きな中高年男です。 家猫1匹、外ネコ3匹に遊んでもらっています。

ボクダノビッチ

Author:ボクダノビッチ
FC2ブログへようこそ!

line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
最新記事
line
来訪者数
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
メールはこちらから
ご意見・ご感想をお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。