スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

2012年 私の映画ベスト3


新年明けましておめでとうございます。昨年は訪問して頂き有難うございます。本年もマイペースでブロをグ更新していきますので、ご贔屓にお願いします。

動物園の近くに住んでおり、動物達の写真を撮りました。正月らしく何かしらのんびりした雰囲気を感じます。

正月20130101-1 (1024x678)

アシカです。英名Sea Lion。顔を太陽に向けて、気持ち良さそうな雰囲気が伝わってきます。

20130101-2(1024x787).jpg

201301001-3 (1024x678)

ベンガルワシです。フライトショーをやって、可愛らしい印象ですが、アップで見ると迫力のある猛禽類ですね。

20130101-4 (1024x678)

最後は、ミーアキャット、何を想うか立ち上がって遠くを見つめています。


2012年に観た映画のベスト3です。
1位 「家庭の庭」 マイク・リー監督
イギリスの 四季の中で、登場人物の喜びと悲しみが等身大で陰影深く描かれており、最も印象的な作品でした。

2位 「ヘルプ ~心をつなぐストーリー~」 ライト・テイラー監督
60年代の米国南部の黒人差別を、明るい色彩の中に女性の視点で描いているのは、新鮮でした。根強い偏見に挑むリベラルな人がいたというのは救いだなと思いました。

3位 「裏切りのサーカス」 トーマス・アルフレッドソン監督
ミステリー好きには、堪らない一篇。イギリスには、イアン・フレミング、グレアム・グリーン、ル・カレとスパイ小説の伝統があることを思い出しました。
老いを迎えたスパイの悔悟、疑念が浮かび上がっていく様が、ゲーリー・オールドマン、ジョン・ハートの名演技で描かれ、重厚な作品でした。


2013年も新しい発見があることを期待しております。宜しく。
line

comment

Secret

line
line

line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
プロフィール
映画、クラシック音楽、料理、ゴルフが好きな中高年男です。 家猫1匹、外ネコ3匹に遊んでもらっています。

ボクダノビッチ

Author:ボクダノビッチ
FC2ブログへようこそ!

line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
最新記事
line
来訪者数
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
メールはこちらから
ご意見・ご感想をお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。